2021年 | カナダデーとは?楽しみ方や開催イベントまとめ!

2021.06.29 2021.07.03

Image

こんにちは!トロント在住、KK Friends Mayu です!

毎年7月1日は、カナダの誕生日「カナダデー」です!
カナダデーは、カナダに住む人にとって最も大切な祝日のひとつです。今回は、カナダデーについての豆知識を始め、カナダデーを120%満喫するための過ごし方や開催イベントなどを紹介していきたいと思います!

この記事を参考に、友達と一緒にカナダデーの予定を立てちゃいましょう!カナダがどうやって生まれたのかなど、つい友達や家族に話したくなるような情報が満載ですよ! 

カナダデー (Canada day) とは?

カナダデー = カナダ建国記念日

カナダデーは、カナダという国が誕生したことをお祝いする、国民の祝日です。日にちは7月1日。カナダが建国された1867年7月1日を記念しており、今年2021年で154回目を迎えます。

カナダって実はとっても若い国なんですよね!私の周りのカナダ人の友人も、”Canada is just a baby country” と言っていました(笑)

canada-flag

この「カナダデー」という名称、実は建国当初から存在したわけではないんです。1982年に議会が承認するまでは、「ドミニオン(自治領)デー (Dominion Day)」と呼ばれていました。
ここでいう ”Dominion” の意訳としては、
「イギリスの一部だけど、自分たちでこの領土を統治します」という、宣言のようなもの。ですが、年々人口が増加するにつれて、人々のカナダへの愛国心が高まり、「カナダデー (Canada Day)」と呼ぶ人が増え、最終的に議会が正式にこの名称に変えることを承認しました。

KK TIPS

現在もカナダはイギリス連邦王国(コモンウェルス)のひとつとして加盟されています!

建国当初は4つの州しかなかった!?

1867年に建国されたカナダですが、当時は現在のカナダ国土の6分の1程度しかなかったって、みなさんご存じですか??実は現在世界地図にみられるカナダができあがったのは1999年。今からたったの約20年前なんです!

1763年、北米の領地をめぐるイギリス軍とフランス軍の戦争(七年戦争)が起こり、イギリス軍の勝利に終わります。その結果、フランス領だったカナダ東部が、イギリスの配下におかれました。その後、アメリカ合衆国などからの移民で人口が急激に増えたため、イギリス議会はこの領地をUpper Canada(現在のオンタリオ州)Lower Canada(現在のケベック州)の二つに分けました。これが現在の2つの州の起源なんですね!

ピンク色の部分が建国当初のカナダでした。

しかしその後、ぐいぐい迫ってくるアメリカ合衆国に対抗する必要が生じたイギリス議会は、1867年、ついに領地の統合を決意!この時「カナダ連邦」が誕生しました。しかし当時カナダとして統合されたのはオンタリオ州、ケベック州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州の4つのみでした。その後少しずつ他の州が統合されていき、1999年に現在のカナダが完成したのです。

KK TIPS

こちらのウェブサイトで北米がどのようにして現在の形になったか、時系列でわかりやすく図解されているのでチェックしてみてくださいね!
https://is.gd/6ezXS3

カナダデーを120%楽しむ5つのポイント!

7月1日は、カナダの人々にとって最も大きなイベントのひとつ。毎年、大勢の人が屋内外でカナダの誕生をお祝いします。ここからは、実際にカナダの人々もやっている、カナダデーを120%楽しめちゃう5つのポイントを紹介していきます!

1. 赤白の服を着る

みなさん知っての通り、赤と白というのはカナダの国旗の色です。この赤と白は、1921年にイギリスのキング・ジョージ5世によってカナダのナショナルカラーに定められ、赤は勇気と強さを、白は清浄と誠実を表しています。カナダデー当日は、多くの人がカナダへの愛国心を表現するために赤と白の服をまといます。赤白の服でなくても、国旗のシンボルであるメープルリーフや、CANADA と書かれた服を着るのもいいですね!

2. フェイスペインティング

服装に加え、フェイスペインティングをする人もたくさんいます!最も多く見かけるのはメープルリーフのデザイン。とっても可愛いですよね!ほかにもボディペインティングや、ネイルアート、髪色を一時的に赤色に染める人もいるようですよ!!

こちらの動画で簡単にできるメープルリーフの描き方を紹介しているのでシェアします!

3. 花火

カナダデーは、許可がなくても花火を楽しめる貴重な一日です。実はトロントでは一年のうちカナダデーとビクトリアデー(5月24日)のみ、私有地での家族用花火の使用が法律で許可されています。ただし公園や路上、駐車場など、私有地の外では花火ができないので注意してくださいね。

ビクトリアデーに関する記事はこちらから!

4. カナダならではの食事を楽しむ

みなさんはお気に入りのカナダ料理はありますか?私は初めてプティーンを食べた時、その濃厚な味と北米らしいボリュームに驚きました(笑)そんなカナダならではの料理を食すのも、カナダデーをお祝いするポイントのひとつです!自宅で作ってもよし、レストランのパティオで食べるのもよし。いくつか紹介するので、参考にしてみてくださいね!

プーティーン (Poutine)

フライドポテトにグレービーソースとチーズをかけたもの

ビーバーテイル (Beaver tails)

揚げたパンにシナモンシュガーや甘いトッピングをのせたもの。カナダの国獣、ビーバーのしっぽのように平たいお菓子です。

カナディアンピッツァ (Canadian pizza)

ペパロニ、ベーコン、マッシュルームがトッピングされたピザ。

5. カナダデーセール

ショッピング大好きなあなたに朗報です!毎年カナダデーが近づくと、アパレル店をはじめ様々な小売店でセールが行われます。州によってカナダデー当日はお店がクローズしている場合があるので注意が必要ですが、オンラインでお得に買い物ができるので、コロナ禍でたまった物欲をこの際に発散するのも良いですね!

カナダデー当日のイベント

カナダデー当日は例年、地域の大小を問わず、カナダ全土でパレードや花火、コンサートやスポーツフェスティバルが行われるなどとても賑やかな一日となります。

例年はどのようなイベントが行われているの?

花火ショー

こちらは2017年にトロントの中心地にある広場のネイサン・フィリップス・スクエアで行われた花火の様子です。も、ものすごい人ですね!!2017年は記念すべき150回目のカナダデーだったので、より一層盛り上がったようですよ!

パレード

花火と一二を争う目玉イベントがパレード。こちらは2017年にアルバータ州 バンフにて行われたパレードの様子です。カナダの伝統文化を象徴するものだけでなく、さまざまな国籍・民族によるパフォーマンスもあり、「移民の国」カナダをたっぷりと堪能することができます!

今年は何が行われる?

残念ながら今年も、昨年に引き続きコロナ禍の影響で例年のような野外イベントを目にすることはできなさそうですが、そんな中でも予定されているイベントをいくつか紹介しますね!

The Tim Hortons Canada Day Virtual Fireworks

カナダで有名なコーヒーショップ「Tim Hortons」主催で、バーチャルでの花火を楽しむことができるようですよ!

日時2021年7月1日 10:00 PM~
公式サイトhttps://www.canadavirtualfireworks.ca

Q107 Great Canadian Concert Drive-In

今年はトロントでコンサート!U2やQueenなど、数々の名曲をドライブインで楽しめるようです!チケットは人単位ではなく車単位で購入できます。

日時2021年7月1日 2:00~6:00PM / 7:00~11:00PM
場所Guildwood GO Station Parking LOT
4105 Kingston Rd., Toronto, ON
チケット要事前予約・ 一台あたり $40 - $60
日時2021年7月1日 2:00~6:00PM / 7:00~11:00PM
公式サイトhttps://www.eventbrite.ca/e/q107-great-canadian-concert-drive-in-tickets-156776632127

最後に

いかがでしたか?カナダが誕生したいきさつ、とても興味深い内容ですよね。でも当日はそんなお堅いことは考えずに、ファッションに食事に、あらゆる面に「カナダ」を盛り込んで、カナダの文化を丸ごと楽しんじゃいましょう!

記事をシェアして友達にアウトプットしよう

Image

この記事を書いた人

Mayu (KK Friends)

トロント在住。趣味はミュージカル観劇。現在 Life Journey Education にてインターンシップ中。現在コロナの状況から留学が厳しい状況が続いていますが、将来留学をお考えの方、または興味がある方からのご相談も大歓迎です。ぜひ下記よりお気軽にご連絡ください。

Life Journey Education
ホームページ → https://lifejourney-edu.com
公式ライン → https://lin.ee/HOzrcYs

記事一覧へ




記事を検索

人気の記事

最近の記事

YouTube

Instagram