グルメにお土産!トロントの台所「セント・ローレンス・マーケット」

2021.09.04 2021.09.09

Image

こんにちは!トロント在住、KK Friends の Mayu です!

みなさん、こちらのレンガ造りの建物をご存じですか?
ダウンタウンのど真ん中に位置するこちらの大きな建物は、200年以上もの長きにわたりトロント市民に愛され続けるグルメの宝庫、そしてトロントの観光名所として外せないスポットのひとつトロントの台所「St. Lawrence Market(セント・ローレンス・マーケット)」です。

St. Lawrence Market には数え切れない程のお店が入っているので、今回は初心者の方でも迷わず楽しめるよう、実際 St. Lawrence Market に定期的に通う私が、おすすめのお店なども含めて徹底的にご紹介いたします!

今回ご紹介しているすべてのお店で、店員さんおすすめの人気メニューを伺い、実際に食べてきました!この記事を見ながらぜひお店を回ってみてください!

St. Lawrence Market(セント・ローレンス・マーケット)とは?

トロント・ダウンタウンの King 駅または Union 駅から徒歩10分圏内に位置する「St. Lawrence Market(セント・ローレンス・マーケット)」。1803年にオープンしたこの市場は「トロントの台所」とも言われ、その名の通り、新鮮な食材やお惣菜をはじめ、デリやお土産品など、食に関するものならなんでもそろう、トロント最大の屋内市場です。

建物は南棟と北棟に分かれています。

南棟は一階と地下階に分かれていて、一階では主に八百屋さんや精肉店、鮮魚店、乳製品店などが軒を連ね、地下階では主にお土産屋さんや調味料専門店、フードコートなどが構えられています。なんとお店の数は120店舗以上!一日じゃ回りきれないほど沢山の魅力的なお店が市場を盛り上げています。

一方北棟では、土曜日限定で地元の農家が集まる「Farmers‘ Market(ファーマーズ・マーケット)」が開催されます。1803年のオープン当初からの伝統として現在に至るまで続いており、朝5時から新鮮な食品、焼きたての製菓、もぎたてのフルーツなどを購入することができます。

200年以上にわたってトロント市民の生活を支えてきたと思うと、St Lawrence Market がトロント市民にとっていかに大切なものかがわかりますね!

カナダ・トロントならではのお土産探しにぴったり!

St. Lawrence Market では、カナダならではの商品を取り扱っているお店が数多くあります。ここからは、さまざまなお店で店員さんに伺った、お土産品にぴったりのアイテムを紹介していきます!

St. Lawrence Smoke and Gift(1階)

St. Lawrence Market で一番最初にオープンしたギフトショップがこちらのお店、「St. Lawrence Smoke and Gift」。建物に入ってすぐ右側、絶対に見逃さない位置を、1976年のオープンから40年以上守り続けています。

お店ではタックスフリーのメープルシロップをはじめ、Tシャツやハットなど、トロント定番のお土産を多数提供しています!

Aren’t We Sweet(地下階)

トロントで製菓されたマカロンやキャンディー、チョコレートなどが店いっぱいに並ぶこちらのお店。ケベック産のメープルシロップや、トロントのあるオンタリオ州で作られた色とりどりのファッジが大人気だそうです!その他フランス産のはちみつやジャムも売っています。

Everyday Gourmet(地下階)

1979年にオープンしたこちらのお店では、オーガニックかつフェアトレードのコーヒー豆がメインに並ぶほか、紅茶やスパイスも購入できます。

意外なのがこちらのお店では、トロント生まれの無添加石鹸「The Soap Works」の商品を取り扱っていること。店頭に並んでいて目を引きます!しかもお値段は2.30ドルからとお手頃で、自分の肌質に合った石鹸を選べます。

Placewares(1階)

料理好きの方にオススメしたいのがこのお店。ありとあらゆるキッチン用具、調理器具、お菓子作りに必要なアイテムなどが所狭しと並んでいて、その数にまず圧倒されます。Dollarama(トロントでいう百円ショップ)や Canadian Tire では手に入らないような専門的なアイテムも比較的安価で購入できますよ!

メープルリーフやムース、アイススケートなど、カナダのシンボルが詰まった クッキー型を発見しました!

Honey World(地下階)

ニュージーランドやオーストラリアで有名なマヌカハニーをメインに、世界各国から集めた50種類ものはちみつが購入できるこちらのお店ほぼすべてのはちみつを試食できるので、お気に入りのフレーバーを見つけられるはずです!

ちなみに私はフランスのラベンダーハニーと、ニュージーランドのタイム(ハーブの一種)ハニーにビビッときました。お花の種類によってこんなに味が異なるとは、驚きです。お店でははちみつを使ったキャンディーや化粧品も置いてあるので、そちらもお土産にオススメです!

Kozlik's Canadian Mustard(1階)

1948年に設立されたこちらのお店では、100%カナダ産のマスタードシードを使い、70年以上にわたり設立当時と変わらないレシピでマスタードを作りつづけています。約20種類ものマスタードやスパイスがお手頃な価格で購入できます。この瓶のデザイン、可愛くないですか?お土産に喜ばれそうですよね!

ここでしか食べられないグルメがいっぱい!

St. Lawrence Market(セント・ローレンス・マーケット)では、買い物だけでなくイートインや作りたてのお惣菜も楽しめます。まさに市場としての醍醐味ですよね!ここからは厳選したオススメのグルメなお店を紹介していきます。

Olympic cheese mart(1階)

世界各国のチーズを取り揃えるこちらのお店では、上質なチーズを購入できるほか、チーズを使ったお惣菜やおつまみが楽しめます!

15種類もの中から選ぶことができるのですが、中でもオススメなのが、「チェリーボム&フェタチーズ」。オリーブオイルに漬けたチェリーペッパーの中にフェタチーズがぎっしり詰まった、ピリ辛のおつまみです。

Peter's Natural Health Foods(1階)

St. Lawrense Market には、「Bulk Foods」と呼ばれるお店がいくつかあります。「Bulk Foods」とは「量り売りのお店」のことで、Peter's Natural Health Foods もそのひとつ。チョコレートやキャンディーをはじめ、ドライフルーツや野菜チップスが手に入ります。

珍しくかつ人気なのはオクラチップスで、そのまま食べるだけでなくスープに入れてもおいしいんだそうです!また、こちらのお店では、その場でピーナッツバターやアーモンドバターを作ってくれるサービスもあります!

Carousel Bakery(1階)

こちらのお店で提供される「ピーミールベーコン(コーンミールの衣が付いた豚肉の燻製)サンドウィッチ」は数々の賞を受賞している人気と実力を兼ねそろえた一品です。

中身はシンプル。バンズとベーコンのみ。店員さんから好みのソースを聞かれるので、ケチャップやマスタード(数種類のマスタードがあります)などをかけることができます。ハニーマスタードメープルマスタードがオススメとのこと。お値段も6.45ドルとかなりお手頃なので、St. Lawrense Market に来たらぜひゲットしてくださいね!

Mike’s Fish Market(1階)

サーモンをはじめとする新鮮な魚介類や、下味がされていてすぐに調理ができるアイテムがずらりと並ぶこのお店。ここにはなんとオイスターバーが常設されていて、その場で殻をむいてもらえて生牡蠣を堪能できるんです!

しかも牡蠣はひとつ3ドル以下とかなりお値打ち。何個でもいけちゃいますね~~~!

Freshly Squeezed(地下階)

市場ならでは、新鮮な野菜や果物のスムージーが堪能できるこちらのお店。その場で自分の好きなメニューをオーダーできるのはもちろん、写真のように、持ち運びに便利なボトルに入った、色とりどりのジュースも選べます。なんと毎朝絞って作っているんだそう!中に入っている野菜や果物が明記されているので、その日の気分で選んでみてもいいですね!

Future Bakery(1階)

一階の中央通路を進んだところにあるこちらでは、ヨーロッパにちなんだパンやケーキを多く売っています。混雑の少ない平日でも、絶対に客通りが絶えない人気店です。

特にタルトが人気だそうで、カナダ発祥のバタータルトや、カスタードタルトは、一日の終わりには必ず売り切れてしまうとのこと。私もバタータルトを購入しました!ボリュームたっぷりのシロップに甘さ控えめのタルト生地、、、コーヒーのお供に最高です。
甘いお菓子だけでなく、お総菜パンも購入できますよ!

おまけ:土曜日限定!Farmer's Market(ファーマーズ・マーケット)に行ってきた

南棟から Market Street を下っていった先に見えるのが Farmers’ Market が開催される北棟です。一体どんなお店が出店しているのか?その雰囲気は?活気あふれる市場の様子をレポートしていきます!

到着してまず最初に目を引いたのは、屋外に展開するお花屋さん。季節柄、今はヒマワリが豊富でお店を埋めつくす勢いでした。とっても華やかです!

朝5時からオープンする Farmers’ Market。北棟の中に入ると、広い空間にありとあらゆる店舗がびっしり!その日の朝に穫れた超新鮮な野菜や果物が並びます。

一番多いお店はやはり八百屋さん!その他にも卵、牛乳、パン屋さん、精肉店などが市場をさらに盛り上げていました。

珍しいものをいくつか見つけました!一つ目はこちら、アヒルの卵!フランスで最初に繁殖に成功したといわれる「ルーエンアヒル」の卵です。アヒルの卵は鶏と比べて栄養価が高いみたいですよ!

“Bee Pollen” つまり「蜂の花粉」そのものです!小さい粒ですが、とっても栄養素の高いスーパーフードです。ヨーグルトに混ぜたり、サラダに足したりして食べるんだとか。なんと花粉症対策に抜群だそうですよ!!

最後に

いかがでしたか?トロントの名産品だけでなく、移民の国カナダならではの世界各国から集まったグルメが堪能できる St. Lawrence Market。先に上述した通り、一日では回り切れないほどの大きな市場なので、一度訪れるとやみつきになること間違いなしです!(現に私はおなかが空いていたこともあり財布の紐が緩みっぱなしでした...笑)

場所は King 駅または Union 駅から徒歩10分圏内でアクセスも最高。ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

住所93 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3
営業時間火曜~金曜 9:00AM~5:00PM
土曜 5:00AM~4:00PM
※日曜、月曜は休み
※Farmers' Market は土曜のみ (5:00AM~3:00PM)
Instagramhttps://www.instagram.com/stlawrencemarket/
ウェブサイトhttp://www.stlawrencemarket.com/

記事をシェアして友達にアウトプットしよう

Image

この記事を書いた人

Mayu (KK Friends)

トロント在住。趣味はミュージカル観劇。現在 Life Journey Education にてインターンシップ中。現在コロナの状況から留学が厳しい状況が続いていますが、将来留学をお考えの方、または興味がある方からのご相談も大歓迎です。ぜひ下記よりお気軽にご連絡ください。

Life Journey Education
ホームページ → https://lifejourney-edu.com
公式ライン → https://lin.ee/HOzrcYs

記事一覧へ




記事を検索

人気の記事

最近の記事

YouTube

Instagram